2019年7月23日火曜日

個人プレゼンテーション

今年は梅雨入りが平年より大幅に遅れたこともあり、二十四節気の「大暑」の時期になってもまだ梅雨明け宣言は出されていません。猛暑の到来が遅れていることをありがたく思う一方、真夏の日差しがないことに少し物足りなさ(?)も感じてしまいます。
リワークプログラムでは、毎月個人プレゼンテーションを行っています。テーマはスタッフが指定したもので、たとえば3月は「春」、6月は「雨」など季節を題材にすることも多いです。
毎回のプレゼンで印象深いのが、メンバーの方々の表現力の高さです。メンバーさんそれぞれの経験に照らし合わせて発表していただけるように、やや抽象的なテーマ設定にしていますが、そこから想像力を広げてもらい、いつも本当に多様な発表が行われます。内容だけでなく、語り口にもそれぞれの方の個性があり、適度なユーモアも交えての話に、聴く側は引き込まれます。
このプログラムは、プレゼンの技術的な部分を磨くという意味もありますが、大事なのはメンバーさん一人一人の自己表現だと思っています。プレゼンを通してその人らしさが自然に伝わってくること、そしてそれをメンバーの皆さんで共有し尊重する場でありたいと思っています。
準備から発表まで、プレゼン内容について悩むこともあるかもしれませんが、そのプロセス自体が自己と向き合う大切な時間と考えていただき、自分らしさを大事にしたプレゼンをこれからも楽しみにしています

2019年7月3日水曜日

「完成」という癒やし

 リワークCRESSではルービックキューブをプログラムに取り入れています。月に一度、マニュアルを見ながら黙々と取り組むメンバーさん(時にはスタッフも)の様子から、このパズルが持つ不思議な魅力を感じずにはいられません。
 ルービックキューブはE.ルービック博士(専門は芸術及び建築学)によって開発され、1977年に彼の母国ハンガリーで発売されました。その後、世界で発売され1980年代にかけて一大ブームを巻き起こしました。1980年ごろには日本でも大きなブームが起きました。当時のことを覚えている方も多いでしょう。一家に一個は必ずあった、という表現は決して大げさではありません(非純正品が多く出回ったことでも知られます)。
 その後しばらくして大きなブームは去っていきましたが、2000年前後からまた世界中で静かなブームが起きています。インターネットで動画や解法が共有されるようになったことがその大きな要因です。スピードを競う大会が世界でも日本でも継続的に行われ、若いプレーヤー(キュービスト)が脚光を浴びています。不思議なことに世界記録を更新するのは、ほとんどが10代の若者です(驚くべきことに6面完成が5秒を切ります)。成人になると何らかの能力が失われていくのでしょうか。
 CRESSでは、マニュアルの助けを借りながらも、6面完成者が続々と誕生しています。なんと半数近い方が、卒業までには6面完成の瞬間を味わっています。10代のキュービストたちとは異なり、ある程度年齢を重ねた(人によっては身体や脳の衰えも感じている)今において、新しいスキルを学び、マスターできたという達成感は思いのほか大きな手応え、自信にもなるようです。
 仕事も心の治療も、そのゴールははっきりせず、完璧という状態も想定しづらいものだと思います。対してルービックキューブは、完成という誰が見ても明らかな、紛れもないゴールが存在します。それは、誰もが納得いくひとつの答えが見出しにくい社会に生きる、我々の癒しとも成り得るのかもしれません。

2019年6月24日月曜日

体調管理のひとつとして

みなさん、1日の水分量って把握されてますか?
暑くなってくると脱水に留意するようTV番組やCMなんかでよく目にする機会が増えるかと思います。

体が暑さや湿度の急上昇に慣れない今の時期が、徐々に熱中症が増える時期とも言われていますので、不調が現れる前に普段の生活から取り入れられる予防対策を今回はご紹介したいと思います♪


①規則正しい生活と食事を!
毎日の3度の食事からも水分は摂取できます。野菜や果物などバランス良く食べましょう。
生活が乱れてしまうと食事のタイミングも3回取れなくなったり、体力が上がらず食欲が出ないことも。十分な睡眠や適度な運動で体力を落とさないようにすることも大切です。

②暑い環境や日差しを避ける
炎天下の屋外や、冷房が効いていない室内・車内は危険なほど高温になっています。
直接肌に陽を浴びることで、体温が急上昇することも。日陰を歩いたり、日傘・サングラスなどの日よけグッズを活用したり、必要に応じて扇風機や冷房を活用して体温調整をしてみてください。

③こまめな水分補給
尿・便・汗・呼吸・皮膚からの蒸発などで、体の水分は排出されていきます。
「汗をかいていないから大丈夫」と油断していると隠れ脱水状態に。。
一気に大量の水分補給よりも、こまめに水分補給することが大切です。


意識せずとも全ての対策ができている!という方は少ないかもしれません。
この機会に生活を見直して、楽しく夏を過ごせるようにしましょう⭐︎

2019年6月18日火曜日

朝の一言

 日中は暑いなと感じる日が増えて来ましたが、朝晩は肌寒いと感じる日もまだまだありますね。気温差が大きくなると、身体にこたえます。体調管理には気をつけたいところです。

 さて、リワークでは一日のはじまりに朝の会を行っています。まず、ラジオ体操で身体を動かしたあと、日直さんが出席確認を行います。そして、日直さんから「朝のひと言」として、話をして頂いています。

「朝のひと言」の内容は自由です。その日の日直さんが、その時に話したいなと思われることを話して頂いています。時間は…、10分程度でしょうか。10分ずっと話しているわけではなく、日直さんが話をした後、朝の会の規定時間まで、その他のメンバーと感想等を言い合ったりします。ですので、日直さんが話している時間は実際には5分程度でしょうか。


朝の会の中の一コマですが、朝の会の中でも一番時間をさいているものでもあります。そんな「朝のひと言」に皆さんはどのような印象をお持ちでしょうか?


 朝のひと言の内容に定番があるわけではありません。“今日は何の日?”という話題を話のテーマにされたり、話のきっかけにされたりすることもあります。その他、昨日の出来事や今朝の出来事、趣味の話…などなど、いろんな内容が登場します。どんな話を選ぶのか、どんな切り口で話をするのか、それぞれのメンバーの皆さんの個性がよくあらわれる時間でもあるなと感じています。
 だからこそ、私は朝のひと言が楽しみなんだなと、ここに書いていて気付きました。朝のひと言で、その人がどんなことに興味を持っているのか、どんな事柄に心動かされるのかを知るきっかけになるな〜と思います。

 毎月一回ですが、スタッフが日直を担当する日も作りました。スタッフも皆さんと同じく、朝のひと言を話します。何を話そうかな?どんな話だと皆さんの興味を引けるかな?月曜日だったら、気軽な話が良いかな?その他の曜日だったらどうかな…。
 「朝のひと言」と簡単に言っても、いざ自分が担当するとあれこれ考えるものですね。きっと皆さんも、何を話そうかなと悩まれることもあるのだと思います。緊張や不安、心配もあるかもしれませんし、楽しみやわくわくと感じる方もいらっしゃるかもしれません。スタッフとして、皆さんの意外な一面を朝のひと言で知ることが出来ると思うのと同じく、皆さんもスタッフの意外な一面を知るきっかけにもなっているのかもしれませんね。

 ここ最近の「朝のひと言」で言うと、朝の日課やリワーク終了後に自宅へ帰るまでの日課について話して下さったメンバーさんが何人かいらっしゃいました。通勤途中に立ち寄る場所でクスッと笑える習慣がある方や、帰宅途中に立ち寄る場所によってその日の疲れ具合や気分の善し悪しを見ておられる方など、参考にしたい内容がたくさんあって、興味津々に話を聞いていました。

 朝のひと言って何気ないものですが、皆さんの話から、皆さんの体験を共有して、一緒に一喜一憂したり、感心したりと、欠かせない時間でもあるな〜と感じています。

2019年5月31日金曜日

リワークプログラムのホームページをリニューアルしました


5月なのに、すでに夏のような暑い日が続いています。

リワークメンバーの皆さんは、日々の生活記録と目標を指針にして、体調管理に留意して下さい。

さて、当院のリワークプログラムCRESSのホームページをこのたびリニューアルしました。
内容としては、リワーク説明会で参加希望の方に私達がお渡ししているCRESSのパンフレットを踏まえた内容です。

リワークプログラムCRESSでの復職に向けた集団療法を、以下の9つの項目立てでご説明しています。

1. はじめに
2. 復職を実現するためのリワーク・プログラムCRESSでの取組み
3. リワーク・プログラムCRESSの対象者および参加条件
4. リワークプログラムの中断について
5. リワーク・プログラムCRESSを利用した復職までのプロセス
6. リワーク・プログラムの内容
7. リワーク・プログラムCRESSの一日
8. CRESSが大切にしているグループ内の相互交流
9. リワークプログラムCRESSの実績

メンバーからしばしば語られるのは、「リワークに参加する前は、リワークが一体どういうものなのか分からずに不安だった」という話です。

リワークを使って復職することに何らかの関心をお持ちの方に、今回リニューアルしたホームページを読んでいただいて、リワークプログラムCRESSの特徴や、プログラム内容、復職に向けたプロセスの一端を知っていただければと思っています。

実際にリワークのホームページを読んでみたら、CRESSには難しいプログラムがたくさんあって、参加することが不安になった、という感想を持たれる方もいるかもしれません。

また、CRESSではメンバー間のコミュニケーションと相互作用を重視していると知って、集団や対人関係が苦手な方は、参加することが怖くなる方がいるかもしれません。

そういう不安や怖さを、CRESSでは大事な気持ちだと考えます。そういう不安や怖さこそ、CRESSの中で一緒に考えていける気持ちです。

なぜなら、そういう気持ちにじっくりと向き合うことができないままだから、職場という集団に適応できなかったからかもしれないのですから。

そうした気持ちを、CRESSの中で、私たちスタッフと、そして共に復職を目指すメンバーと、一緒に考えていきましょう。

リワークのホームページには、実際にCRESSに参加しているメンバーの言葉も紹介しています。
それは、「グループ作業の作品集」と「復職された方々の卒業文集」です。

まず、「グループ作業の作品集」。メンバーがグループ作業というプログラムで皆で協力して作っている、以下の4つの作品です。

ワクワク♪リワーク通信作品集
和(なごみ)〜こころの寄り道〜作品集
文芸誌オーロラ(Aurora)作品集
響生〜この1年を回顧する〜作品集

メンバーが復職に向けてCRESSの中で日々何を経験し、どういう気持ちを抱いているのか。これらの作品を通じて、一人でも多くの方に知っていただければと思います。

次に、「復職された方々の卒業文集」

CRESSでは、復職を決めてリワークを卒業されるメンバーに、CRESSでの経験を振り返ってもらう文章を書いてもらっています。
そうした文章を、「CRESS卒業文集」という一冊にして、毎年8月に開催しているCRESS交流会で配布しています。
「復職された方々の卒業文集」は、このCRESS卒業文集に収められたメンバーの文章を紹介するものです。

この卒業文集を読んでいただくと、メンバーがリワーク集団の中で自分自身に向き合い、悩みながらもリワークをやり抜いて復職を達成されたことが、メンバー自身の声で、お分かりいただけると思います。
CRESSが、こういうメンバーの方にとって、復職に向けた心の仕事場であったことが、お分かりいただけると思います。

リワークに参加しようかと思っている一人でも多くの方に、リニューアルしたCRESSのホームページを見ていただければ幸いです。

また、現在CRESSに参加して復職を目指しているメンバーの皆さんにも、今の自分の取り組みを改めて考えるきっかけにしてもらえたらと思っています。

2019年5月18日土曜日

令和最初のアフターリワーク 

新しい時代が幕を明けて、半月が経ちました。

みなさんはどんな気持ちでスタートされましたか?
10連休のGWはどのように過ごされましたか?
休み明けの体調はいかがですか?


今日は令和最初のアフターリワークでした。
19名の卒業メンバーさんが参加され、午前中は職場で体験されてることをディスカッション。「やりがい」「期待」「疎外感」などなど、いろんなお話を聞かせて頂きました。
葛藤を抱えながらも御自身の仕事に向き合い、真摯に頑張っておられることが伝わってくる時間でした。

午後からは、セルフチェック。
4月以降の一ヶ月、生活リズムの乱れはなかったか?体調での困りごとはないかを一緒に振り返りました。
GWを挟んだこと、寒暖差の激しい1ヶ月であったこともあり、乱れてしまったと話されたかた、GWを意識して乱れないように上手く整えられたかた、頭痛がする、肩が凝る、などの体調不良を訴えられたかたもおられ、対処方法を皆で話していきました。
また今日から立て直して行こうと決意されたかたもおられました。

アフターリワーク終了後。
今月のアフターリワークへ参加されていなかったかたの調子はどうだったかな?
新しい元号の下、調子を崩してなければ良いけれど。。
そんなことを思いながら、ブログを書いています。
また、来月のアフターリワークでお会いしましょう。

2019年4月24日水曜日

「承認欲求」と「自己開示」

 SNSが社会を席巻するなか、「インスタ映え」や「いいね」などを巡るSNSの負の側面が話題になることも多くなりました。フォロワーに認められたい、一目置かれたいと思うあまり見栄を張ったり、話を「盛る」人も少なくないのでしょう。
 そしてSNSに限らず、承認に餓え、「認められたい」と切望するのが現代の日本人の傾向として指摘されています。日本には諸外国と比べて認められ、褒められる体験が会社や学校などで得られにくい文化・風土があるともいわれます。
 しかし、ただ褒められればいいというものでもありません。高い評価を得て認められ、期待されすぎるのもまた、失敗できないプレッシャーになるといった複雑な様相があります。

 では、どうすればいいのでしょうか。「承認欲求」問題を検討するうえで、ひとつ重要と考えられるもの、それは「自己開示」です。周囲から認められない満たされなさ、期待に応えねばならないという重圧。それをひとりで抱え、さらに頑なにそれを悟られまいとするならば、その苦しみは増幅します。そうするよりも、飾らず、背伸びせずそれを誰かと共有出来たら、それだけで楽になることがあるように思いませんか。同僚でも、友人でも、家族でも、誰かと分かち合えたら。

 リワークは、その機会にあふれているといえそうです。自己開示においては、とくに自分の失敗体験や弱みが共有できるかどうかが重要とされます。リワークには自分の失敗や弱さも含めて語り合える仲間がいますし、葛藤や思いを受け止めるスタッフもいます。もしこれまで自己開示が上手でなかった人が、ここで自己開示によって楽になる体験ができたら、復職後におおいに活きるように思います。
 そしてリワーク卒業後も職場内外でうまく自己開示する環境が作れたら、前とは違った働き方、生き方が見えてくるかもしれません。
(参考図書:『「承認欲求」の呪縛』太田肇著)