2022年9月16日金曜日

自分にとっての秋

前回の投稿に続きますが、秋を取り上げて、ブログを更新していきたいと思います。


街並み、気温や香り(金木犀の香りが代表的ですが、今年はまだ出会えていません)といった変化を足音にして、秋という季節の訪れを感じることができるようになってきましたが、皆さんは『秋』と聞いて、どんなことが頭に浮かびますか?

 

私は、夏に青々としていた葉が、黄色や赤色と姿を変えて、秋の涼しい風に撫でられて、乾いた音を立てている様子が頭に浮かびました。それぞれの葉に、ほんの少し緑色が混じり、夏の名残を感じさせながら、次の季節へとゆっくりと向かっていく。風に撫でられ、同じ茂みの仲間と離されて地面へと落ちる葉や、茂みを色付ける仕事を成し遂げる葉がいる。葉は一見すると、全て同じように見えるけれど、どれも違う体験を持っている。1枚の葉を手にとって、丁寧にじっくりと見ていけば、それぞれのストーリーが存在していることに気が付きます。

 

それは私たちも同じです。私たちは、それぞれ違います。多くの人が秋という1つの季節を共有しながらも、感じることはそれぞれにあるでしょう。もちろん、秋に限ったことではありません。何を感じているのか、どんなストーリーを持っているのか、知りたいと思った時、初めて得られるものがあります。リワークに参加されているメンバーさんは、『知ること』に日々、取り組まれています。休職に至った自分のこと、リワークに参加している今の自分のこと、同じリワークのメンバーのこと、職場のこと、家族のこと…ここには書ききれないほど、たくさんの『知ること』に取り組まれています。『知ること』に取り組むことで、自分のストーリーを読み、綴る。その作業を繰り返し、ストーリーが厚さを増し、豊かなものへと変わっていくのです。

 

読書の秋という言葉もありますが、今年の秋は、自分のストーリーを読んでみる、知ってみるというのもひとつではないでしょうか。秋は実りの季節です。自分を知ることが皆さんの実りへと繋がりますように。

 

2022年9月5日月曜日

秋のひと時

  まだ暑さは残りますが、ようやく秋の気配が感じられるようになりました。      

秋といえば皆さんそれぞれ、夏とは違った楽しみや、癒やしが想い浮かぶのではいかと思います。我が家はどうも食欲の秋に傾きがちなようで・・・。

 先日、「グレーテルのかまど」というお菓子作りの番組で、なんとも宝石のように美しいフルーツサンドを特集していました。その美しさに、珍しく子どもも手作りしたい気持ちに掻き立てられたらしく、早速果物とクリームを買い込みました。見たとおりに再現し、美しいフルーツサンドができ、私も子どもも大満足。ところが、せっかくできたフルーツサンドですが、出された瞬間は皆とても楽しい気持ちになるのですが、食べ始めるとボリュームが多すぎて2〜3口でお腹いっぱいになり、無残にも途中で食べ残されてしまっていました。

 普段ならその残骸を見て、せっかく作ったのに・・・と何か恨み言を言ってしまいそうなのですが、作った本人が満足そうにご機嫌でいるのを見ると、なぜかそんな気持ちもすっと消えてしまいました。そんな様子を見ていると、作ったことで心が満たされ、いろいろな事はどうでもよいのだなと感じました。  私も、いつになく既のところで余計なことを言って、皆の心の満足を帳消しにしなくて済んだのは、私自身フルーツサンドを作ることで十分楽しみを得られていたからなのかな〜と感じました。私の感覚ではどうしても、フードロスや食べ物を残してしまう罪悪感が起きてしまうのですが、正しいことに囚われ過ぎて皆の楽しんでいる気持ちを潰さなくてよかったと思えた瞬間でした。

 ふと、以前に料理家の土井勝さんがおにぎりの特集をしていた時に、米を丹念に洗うことで、美味しいおにぎりが出来ると伝えた時、アシスタントの方がお米の栄養が取れてしまいませんか?とたずね、土居さんが、今の時代お米で栄養を摂らなければならない時代ではないので、そこにこだわらずに美味しいことを追求してもいいんじゃない?とやりとりしていたのを思い出し、時代や、その環境が変化してきた多様化の求められる現在、何が今ここにいる自分と相手にとって大切にできるとよいのか・・・自由度が広い分、柔らかい頭が必要だなと感じました。それは楽しくもあり、難しくもあるものだなあと感じた秋の一時でした。皆さんもいろいろ秋を味わって見て下さい。

2022年8月23日火曜日

暑さに強い身体になる。

 お盆も過ぎ8月も後半に入りましたが、まだまだ暑い日が続いていますね。TVからも日々猛暑、酷暑といった強い言葉が聞こえてきます。皆さんの体調はいかがでしょうか?体のだるさ、頭痛、食欲不振、といった症状はありませんか?寝付きの悪さ、中途覚醒、日中の眠気といった、睡眠の質の悪さを感じておられませんか?もしかすると自覚のないまま夏バテになっているかもしれません。

 「暑熱順化」という言葉をご存知でしょうか?これは字の如く暑さに身体が慣れることという意味です。環境省は暑さに強い身体をつくる「暑熱順化」を推奨しています。これだけ暑いと熱中症にならないため、エアコンが効いた部屋で過ごすことを選択される方が多いと思います。それも大事な対策です。ただそれでは必要時の外出の際に暑さに身体が対応できず、逆に熱中症になりやすい状況に成り得ます。そこで、健康的に夏を乗り越えるために「暑熱順化」を行い、暑さに強い身体を作ることが大事です。ではどうやって作るのでしょうか?

 「ある程度暑い環境の中で運動を行いしっかり汗をかきましょう!」


 これは、熱放散のメカニズムに変化を起こさせるためです。もう少し詳しくお話しすると、人は体を動かすと、体内で熱が作られ体温が上昇します。体温が上がった時は発汗や、皮膚血管を広げることで熱を放散させ体温を調節しています。この体温調節がうまく出来なくなると、体の中に熱がたまり熱中症が引き起こされます。「暑熱順化」が出来ていると、この熱放散がしやすくなり体温の上昇が防げるのです。「暑熱順化」とはそもそも夏が来る前の梅雨終わり頃より始めることが推奨されています。今は夏本番で、いきなりこの猛暑の中運動を始めることはかえって危険です。ただ、朝晩の気温が下がっている時間を選んでウォーキングをしたり、運動が難しい場合は毎日入浴することでもOKです。汗をかく体にすることがポイントになりますので、入浴時は汗が出るまで浸かって下さい。大体1015分が目安とされていますが、体調をみながら時間は調整して下さいね。これを2週間続ければ「暑熱順化」するとされています。


 期間も短く、決して難しい内容ではないと思います。

暑さに強い身体を作り、共に残暑を乗り切りましょう!

2022年8月10日水曜日

明日から夏休み

 今日も暑いですね…。昨日も暑かった。その前も…。きっと明日も、明後日も暑いですね。明日からリワークは夏休みに入ります。暑さ対策(コロナの対策も忘れずに)をしっかりしつつ、皆さんにとって充実した休みになると良いなと思います。

 

と、サラッと「充実した夏休みになると良いな」と書きましたが、充実した休みとはどんな休みでしょうか。

いろいろあるとは思いますが、休みへの入り方も、その後の休みが充実するかどうかに関連していると私は思います。

 

今週のセルフチェック(月曜日のプログラム)で、休みの間の過ごし方に対して、不安を感じているという話が出ていました。今のメンバーさんだけでなく、過去にリワークに在籍されていた方からも、休日の前、特に大型連休の前には、休みだという安堵感がある一方で、休みに対する不安があるということも話されていました。

休みを前にして、不安を感じることは自然なことだと思います。楽しい計画があり、楽しみに感じる思いや、リワーク(仕事)で感じる緊張感から開放され、ほっと一息つけることもあると思います。それだけでなく、いつものリズムや環境と変わる長期休みは、不安も同時に生じやすいですね。その不安を一人で抱えたまま休みに入るよりも、リワークのメンバーさんが今回取り組まれたように、不安に感じている思いを、他メンバーやスタッフと共有して、不安に感じている自分がいることを自分で考える作業をしてから、休みに入られることはとても大切な取り組みだと考えます。

誰かに共有したり、そういった自分の思いがあるのだと言語化したりすることで、不安に感じることは自然なことだと感じる体験にも繋がり、安堵感も得られます。また、休み明けに、不安に感じていた休みがどのような休みになったのかについて振返りやすくなります。

 

リワークは、16日から再開です。怪我や病気なく、お過ごしくださいね。

2022年8月3日水曜日

呼吸できていますか?

コロナ感染流行も第7波となり、まだまだ感染対策も油断できない状態ですね。

人が密集するような場所では必要ですが、屋外で人がいない場所ではマスクを外して熱中症対策も忘れないようにしたいところです。


 

さて、タイトルにもしましたがみなさん「呼吸」できていますか?

生きるために呼吸は必要なので、当たり前と思う方がほとんどだと思います。ですが、マスク生活が増えているために呼吸が浅くなっているのだそうです。呼吸が浅くなると自律神経が乱れやすくなり、めまいや倦怠感・頭痛・気分が落ち込むなどの不調が出やすくなります。深い呼吸を行うことで血流を促し、全身の酸素供給量を増やして副交感神経の働きを高めてくれます。最近なんとなく不調で呼吸が浅くなっていると感じた方は、意識して深い呼吸を行ってみてください。


 

リワークでは、毎月12回マインドフルネスのプログラムがあります。様々な瞑想を通してゆっくりと呼吸を意識して過ごしてもらいます。プログラムだけでは効果を実感するには不十分でしょう。日々の生活に取り入れることで、なんとなく調子がいい気がすると教えてくださるメンバーさんもおられます。リワーク中は目標に瞑想を取り入れることで呼吸を意識していたけれど、復帰後は仕事に追われて呼吸に注目することを忘れていた方もいるかもしれません。ぜひこの機会に呼吸を大切に過ごしてみてください。

2022年7月20日水曜日

アフターリワークでの出会い

 当院では、リワークを卒業された方を対象に毎月第3土曜日にアフターリワークを開催しています。アフターリワークでは、午前は「グループディスカッション」のプログラムで、復職後の職場での経験を話し合い、リワーク卒業後の自己に向き合うことで再発予防につなげていきます。午後は、「セルフチェック」というプログラムを通して生活面について振り返り、生活習慣のさらなる改善を目指します。

 そして毎年8月のアフターリワークでは、“CRESS交流会”を実施し、現在復職を目指しているリワーク在籍メンバーに向けて、復職後の体験を話していただく機会を設けています。コロナの影響により残念ながら2020年度以降は開催を見送っており、今年もコロナの現状を鑑みて、“CRESS交流会”は開催せず、通常のアフターリワークを実施いたします。

アフターリワークは任意の参加ですので、卒業して間もない方、最後に参加してからかなり間隔を空けて参加される方、不定期ではあるものの継続している方など、様々な形で再発予防に向けて取り組んでおられます。このような様々な状況にある方々が来られているため、復職直後の方が、他の卒業生が復職数年後も悩みを抱え続けている姿を見て、過去の辛い体験を思い出すことがあるかもしれません。あるいは、復職後なかなか仕事が期待通りに進まず焦りや失望を感じている方が、卒業後間もない方の前向きな姿勢に触れ、忘れていた気持ちを取り戻すきっかけになるかもしれません。卒業してアフターリワークに参加することを想像するとしたら、卒業後すぐの自分にどのような声をかけられますか。かつてリワークに参加していた時、メンバー同士で体験や悩み事を共有し、乗り越えるヒントや力を得てきたことを再認識できるかもしれません。そしてアフターリワークの場は、卒業後も同じような意味を持つ場として存在しています。スタッフとともに復職後の体験を分かち合い、ともに考え、支えあい、そして復職後の新たな自分、新しい一日につなげていってほしいと思っています。

2022年7月1日金曜日

リワークプログラムCRESSが10年を迎えるにあたって〜データが物語るものと、一人ひとりの経験と〜

リワーク・プログラムCRESSは、2012年7月に始まりました。

今年2022年7月で、CRESSは10歳になります。

最初は週2日で13時半から16時でした。2012年9月からは週2日は変わりませんが、10時〜16時に延長しました。これは、現在のCRESSの始業と終業時間と同じです。

ここからは、開催日数が増えていきます。2012年10月から週3日、同年11月から週4日、そして2014年5月から週5日になり、現在のCRESSの週5日で10時〜16時になりました。

この10年間(2012年7月〜2022年6月)で、338人の方が、CRESSに参加されました。

338人の方が参加された10年間によって、示唆されるものがたくさんあります。

一つは、「数」が物語るものです。これは統計的な意味を持ちます。

***********************************************


338人の参加者のうち、リワークを途中でドロップアウトせず最後までやり通して卒業されたメンバーは249人(74%)、途中でリワークに来られなくなり、リワークに復帰できずにそのまま中断となったメンバーは74人(22%)、そして現在リワークに在籍されているメンバーが15人(4%)、それぞれおられます。

リワークをドロップアウトしてしまう参加者が22%いるという事実を、私たちスタッフは重く受け止めています。どの参加者も、最後までリワークをやり通して卒業し、復職を実現してもらいたいと、私たちは思っているからです。

個々の中断の背景を、しっかり私たちスタッフは考える必要があります。CRESSという職場に行けなくなり、退職してしまったのですから。そして、中断されたメンバーに、なぜCRESSという職場を辞めることになってしまったのか、考えてもらえたらと思うのですが、それは難しいことになってしまいました。

中断が22%起きるという10年間の事実から、リワークをやり通りて卒業すること自体が、決して簡単な仕事ではないということも、おわかりいただけると思います。CRESSというグループの中で、自分を見つめることそのものが、復職が大変なのと同様に、とても大変な仕事でもあるのです。

卒業された249人のメンバーの中には、「途中でリワークを中断したけれども、中断期間を経てリワークに復帰し、最終的には卒業したメンバー」(復帰メンバー)が15人おられます。これはつまり、CRESSという職場が辛くて途中で休職したけれども、CRESSに復職し、最後まで仕事を続けて卒業された参加者が、15人おられることを意味します。

***********************************************

CRESSの卒業メンバー249人のほとんどは、休職した時と同じ職場への復職を果たしています。元の職場に復職することは、CRESSの参加者が目指す目標でもあります。


実際の人数で言うと、元の職場に復職された卒業メンバーは、249人中、237人(95%)です。

しかし少数ながら、違う転帰になった卒業メンバーもいます。

転職してCRESSを卒業したメンバーが5人(2%)休職状態あるいは無職の状態で卒業したメンバーが7人(3%)おられます。

CRESSに参加した方が、元の職場への復職ではなく、転職を目指すことになることを、みなさんはどうイメージされるでしょうか。

休職した職場は、苦しい場所です。嫌な場所でもあるでしょう。そういう元の職場に戻らず、転職でリセットできるなら、良かったのではないか、と思われる人もいるかもしれません。

次の内容は、「数値」ではなかなか分からないことです。転職された5人のメンバーのCRESSでの経験の中身を知らないと、データだけ見ていても、その内実はわかりません。元の職場を退職されて、転職を目指すことになるメンバーは、CRESSの中で、大きな試練を迎えます。周りは、あの苦しい職場に戻ろうとしている。CRESSは、そういう人たちが集まって、自分に向かい合っている場所なのです。

『その中で、自分は、職場を辞めて、新しい職場を目指そうとしている。みんなと目指すところが違い、問題意識を共有できなくなる。みんなとともに、このCRESSという職場で、転職組の自分は果たして、本当に一緒に心の仕事ができるのか。』

この悩みにぶつかります。むしろ、CRESSの中で転職をする人は、その悩みにぶつかり、葛藤する必要があります。実際に、5人のメンバーは、そういう葛藤を経験し、CRESSで心の仕事をやり通したところがあります。その時、転職はリセットではなく、休職し退職した弱い自分に向き合う経験になるのです。

***********************************************

卒業メンバー249人のCRESS在籍期間(リワーク初日から最終日までの日数)の平均在籍期間は、223日です。つまり、卒業メンバーは平均すると7ヶ月半ほどでCRESSを卒業していたことになります。

卒業メンバーの平均在籍期間が7ヶ月半であるという事実は、何かを物語ります。

休職した自分にリワークで向き合って復職するには、それ相応の時間が必要になった、という意味もあるでしょう。さらには、厳しい職場に戻るのは辛いことなので、CRESSという安全な場所に長居している意味もあるかもしれません。

在籍期間のデータを見るときに大事な視点は、「数字」としての在籍期間ではなく、その時間の中でメンバーが再発予防できる自分に変わるために、どれほど中身ある経験を得たのか、という視点です。これも、「数値」だけ見ていては、分からないことです。

今の自分が、このリワークをどういう風に経験し、使っているのかを、しっかり考えることです。

自分自身を考えることなく、早く職場に戻ろうという気持ちだけで、リワークを早く切り上げようとしているのかもしれません。

早く復職しようとしていたけれど、CRESSに参加することで、自分は休職前と変わっていないと気づいて、このままの自分では卒業できないと、在籍期間が長くなっているのかもしれません。

あの職場に戻るのが嫌で、働くのが嫌で、CRESSを現実逃避の場所にしていて、在籍期間が長くなっているのかもしれません。

リワークの時間の中で、自分がどういう経験をしているのかを考えていくことは、職場での自分を見つめ、再発予防している自分の姿でもあります。



***********************************************

今回紹介した「数値」は、10年間の積み重ねがあって、何らかの意味を帯びる数値です。

数値という客観的な事実が何を物語るかを考えるためには、一人ひとりのリワーク経験を知っていなくてはいけません。

私たちスタッフは、10年の時間が出した数値を、個々人の復職に向けたリワークでの取り組みという中身ある経験につなげて理解していきます。