2022年5月6日金曜日

"休み"はどのような体験でしたか?

 大型連休が終わりましたね。皆様の“休み”はどのような時間でしたでしょうか?

世間一般的には、久しぶりに行動制限のほぼない休日ということもあり、賑わっていたように思います。

 

リワークでは、暦通りの活動でしたので、2日月曜日を中間に前半と後半にわかれたような連休でした。

連休の合間にあった月曜日のセルフチェックのプログラム内で、休みにまつわる話題が登場していました。セルフチェックでは、現在の自分に必要な目標もしくは、復職後の生活を意識した目標など、それぞれに目標や計画を立てて、復職の土台となる健康的な生活の実現を目指していくプログラムです。

今週の各メンバーの報告では、休みの中で感じた事柄に関する内容がたくさんありました。

 

休みを楽しみだと感じているメンバーもいれば、反対に休みが楽しみじゃないし、楽しめなかったと話していたメンバーもいました。

休みに何をして過ごそうかと悩むメンバーもいれば、復帰前にできる事柄をすませたいが、過活動にならないよう心がけていたメンバーもいました。

また、休みを楽しみじゃない自分がいるのはどうしてなのだろうか?との問いに、ご自身の体験談を率直に語られたメンバーもいました。

リワーク開始当初と今とでは、休みに対する感じ方が異なるという話題も出ていました。

 

休みに対して不安だと語った方もいらっしゃいました。私は、そこに注目しました。もちろん、それぞれ感じ方が異なることは起こり得ることだと思います。

その中で、休みを不安だと言葉にできたことや、他メンバーが不安だと語ったことに、自分も同じだと吐露できたことは、大きな体験だと思いました。

休職している今の自分だからこそ、もしくはリワークに取り組んできた自分だからこそ感じる不安だと思います。その休職やリワークでの取り組みは、今のメンバーとしか共有できません。(今のこの時期に休職し、リワークでの体験を共にしているという意味でです)

 

不安に感じる人が他にもいるんだと思えると、気持ちがやや楽になった方もいらっしゃったかもしれませんね。

 

連休の合間にあったセルフチェックでの体験のように、後半の連休を皆さんがどのように体験したかを互いに共有し合える時間も持てると良いですね。

 

 

さて、連休明け最初のプログラムは、グループ作業でした。

今期のグループ作業では、タウン誌の作成に取り組んでいます。今回のタウン誌では、“心が動いた”スポットを紹介することがテーマです。当院周辺をメンバー皆でフィールドワークし、「なんだこれは?」と驚いたり、「オフィス街にこのようなものがあるんだ〜」と予想外のものに癒されたりと、今のメンバーが心を動いたスポットを紹介していきます。目に止まったもの、訪れた場所で感じたことは、メンバー内でもさまざまです。まだまだ作成途中ですが、“今のメンバーだからこそ”のタウン誌が仕上がると思います。私は、とても楽しみにしています。完成したタウン誌は、当院のホームページに掲載しますので、ご覧いただけますと幸いです。

 

2022年4月27日水曜日

気分転換

 桜の時期が終わった途端、夏のような気温になってきましたね。

朝晩はまだ肌寒い日もあるので服装選びに悩んでしまいます。皆さんも風邪引かないように気をつけてください。


リワークでは毎週月曜に行っているセルフチェックで先週の生活を振り返る時間があり、今回はこのプログラムでのことを話題にしてみたいと思います。

復帰してからも健康的な生活を送るために、色々工夫して目標を立てている方が多いのですが、目標の達成率を上げるために無理をしているという報告を受けることがあります。

他にも自分の今の状況を把握しないまま、健康的な生活と一般的に言われる方法をそのまま取り込んで負担になっているという場合もあります。

現状のしんどさから抜け出したいために焦って色々取り込む意欲は大切だと思いますが、それが負担になっていては自分を追い込んでしまうために余計焦るかもしれません。

ストイックに目標に取り組むだけでなく、気持ちが楽になる、ほっと出来る時間を大切にしてもらいたいと思います。

せっかく早寝早起きで時間を設定していても、常に気が張っていては熟睡感が得られずに朝起きれない、日中眠くて仮眠しないと体力が持たない、と悪循環になってしまいます。

「気分転換」と言われると大げさに考えてしまうかもしれませんが、どんな小さな出来事でもいいのです。

早朝の匂い、通勤時に遭遇する散歩中の犬が可愛い、仕事の休憩中に飲むドリンクの匂いや好きなお菓子を食べる、家について靴を脱いだ開放感、おいしい食事、TVドラマや映画・漫画・アニメ・ゲームの時間、好きな香りに囲まれた入浴時間、ふかふかの布団に包まれた瞬間など…

普段意識せずに流れてしまう時間を、どれだけ短くても目一杯楽しんでみて下さい。わざわざ外出したり、何か物品を準備しなくても「安心する」「くすっと笑える」ような時間もぜひ注目してみてほしいです。

今は何も浮かばない方もいるかも知れません。案外探してみるとすでに取り入れていることで満足できる方も出てきます。一気にたくさん習得しようとせず、少しずつ気づいて増やせていければいいですね。


2022年4月12日火曜日

お花見


  
 桜は散り始めていますが、春らしい暖かい日は増え、過ごしやすい季節になりました。先日、リワークの季節の行事として、大阪城公園までお花見に行ってきました。コロナの影響を受ける前は、春のお花見や秋のBBQなど、季節ごとにクリニック外での行事を企画し楽しんでいただいていました。コロナ禍によりしばらく中断していましたが、今回3年ぶりにお花見に行くことができました。

 

 クリニックから桜の名所である大阪城公園まで徒歩30分ほどの道のりでしたが、当日はお天気にも恵まれ、気持ちのよいウォーキングとなりました。公園では、桜の木の下にブルーシートを敷いてしばしくつろいだあと、各々自由に散策しました。最高の1枚を求めて撮影スポットをじっくり探す方、屋台でクレーブやホットドッグを買って楽しむ方(私も屋台の誘惑に負けました)、いつもと違う屋外の新鮮な空気を吸いながら、皆で春の訪れを楽しむことができたと思います。

 こういった行事の時には普段とは違うメンバーの皆さんの表情に出会うことができます。リワークプログラムに集中している時の真剣な表情とはまた違って、より自然な、感情を開放した表情なのかもしれません。「オン」と「オフ」の切り替えのように、一人の人にいろいろな側面があるのは当然のことですが、いつもと違う状況下で、ある人の意外な一面を発見し、それを通して相互の理解が深まることは社会の中でよく経験することです。

前回のお花見では、ブルーシートで円になってそれぞれに持ち寄ったお昼をいただきながら会話を弾ませました。黙食を行っている現状を考え、今回はお昼休憩をはさんでの一日通した行事ではく、午前中のみの散策となりました。ささやかな企画でしたが、メンバー同士の相互理解が深まる機会になったのではないかと思います。





2022年3月24日木曜日

グループ作業で自分に出会う

「グループ作業」は、リワークのグループを職場に見立てて、納期を決めて全員でプロジェクトに取り組むプログラムです。

ホームページにも、これまでのグループ作業の成果物をアップしています(リンクしています)。


ワクワク♪ リワーク通信


響生~memoirsこの1年を回顧する~


和(なごみ)~こころの寄り道~


文芸誌オーロラ(Aurora)


これらの過去作品一つ一つに、その当時CRESSに在籍し、グループ作業に関わったメンバー皆の経験が拡がっています。


グループ作業に取り組むことを一つのきっかけにして、それまではほとんど意識していなかった自分自身の姿や、メンバーやスタッフへの気持ちや想いに気づく人がいます。


例えば……

  • それまでは『職場で辛い思いをして休職に至った者どうし』だと思ってメンバーと関わっていたAさんが、グループ作業でリーダーシップを発揮するポジションに就いた時。周りのメンバーたちが消極的で、仕事に向かってくれず、Aさんは自分はグループ全体のことを考えているのに、メンバー達は他人事で、非協力的だと感じました。そんな時、Aさんは、それまでリワークで感じたことがなかった腹立たしさや、失望を、メンバーや、リワークのグループに対して感じています。

  • それまでBさんは、リワークでメンバーと仲良く趣味などの雑談に興じていました。そんなBさんが、グループ作業で仲の良いメンバーと一緒に組んで仕事をすることになります。しかしその人は、グループ作業の肝心なときに欠席をし、しかも欠席した後も、そのことに触れようとせずに、以前のように趣味の話を持ちかけます。Bさんは、以前のようには心からはその人と雑談する気にはなれません。

  • それまでCさんは、リワークで学んだ概念や手法を使って、休職した理由を文章化し、整理し、図解しながら、自己理解しようとしていました。そんなCさんが、グループ作業で、相手から、「Cさんは、目の前の私たちと、真剣にコミュニケーションを取ろうとしてくれない」と指摘を受けることになってしまいました。これまで紙の上に描いていた自己理解の図解とは、一体何だったのでしょうか。Cさんは、愕然としてしまいました。


私は、しかし、このような創作エピソードが、CRESSに参加したメンバーの皆に起きることが大事だと思っています。


こうした経験は、それまで見ないようにしていた相手と自分の姿を見る経験です。それまで感じないようにしてきた気持ちを知る経験です。


グループ作業でメンバーがワークグループの仲間になることで、初めて気付けることもあるのです。


リワークに参加しても、「リワークは職場とは違う」という経験に留まったままだと、職場や仕事という現実に向かう力は生まれません。


リワークが、辛い職場からの避難場所であり、傷つきを手当をする場所である、ということは否定できないし、その意義を私は十分に考えます。


しかし、リワークが職場とは違って良い場所のままであっても、あるいは逆に、悪い場所のままであっても、職場というグループでの経験とリワークというグループでの経験が、自分自身を通じて繋がるものにはなっていません。


それだと、いつまで経っても、困った問題も危機を起こす原因も、自分の外側に存在しているという話になります。


そうなると不調になるたびに、自分の外側の環境を変えようという発想と行動が繰り返されるでしょう。


休職してリワークに参加された方に対して、私たちは、その人の環境を変えることに対しては、ほとんど無力です。


私たちが出来るのは、リワークというグループに参加したその人が、グループの中で、メンバーとの間で、そして私たちスタッフとの間で、一体何を思い、感じ、考えるのか。その経験を、一緒に考えることです。


職場と違ってリワークは良い場所だと思って来たけれど、やっぱりリワークに来ても、自分は上手くいかない。苦しい。どこに行っても、やっぱり自分は自分なんだ。


そういう経験がリワークで持てることこそ、その人が、休職して本当に自分に向き合っている証拠なのです。


リワークを本当に利用できている証拠なのです。


それまでは、「どこに行っても、自分は自分で、上手くいかない、苦しい。なんで自分はこうなんだ」ということすら、意識することができなかったはずなのですから。


こういう経験をされることが、どれほど貴重なのか。


でも、すると、自分自身が悩み多き困った存在で、そういう自分の変わらなさに嫌気がさし、自暴自棄になるかもしれません。


だからこそ、私たちスタッフが、その方の隣にいるのです。


グループ作業で自分の壁にぶつかるとき、そういう弱った自分が、人と関わることができるのか。


自分ひとりで閉じこもっている世界を、どうにか開き、経験を自分と相手とで何とか分かち合えるのか。


言葉にするほど簡単なことではないはずです。


一緒に、この簡単なことではない仕事に、取り組みましょう。




2022年2月25日金曜日

自己分析、自己を理解するということ

 突然ですが、あなたは『自分』をどれくらい理解していますか?

 

名前、生年月日、年齢、出身地など、簡単な自己紹介のような内容はすぐに答えられるかもしれません。

でも、自分自身への理解というのは、簡単なものだけでしょうか?

 

リワークでは自己分析というプログラムがあります。

読んで字の如く、自己を分析してもらうプログラムです。

皆さんにただ自由に考えてください!ということではなく、こちらが提示したテーマや、グループ課題に取り組んでもらうことを通じて、自己理解を深めて頂きます。

 

自分のことは自分が一番分かっている!と思っている人にとっては、自己分析はとても簡単なことに思えるかもしれません。

しかし、実は自己分析はとても難しいのです。

一体、何が難しいのでしょうか。

ここでひとつ私から質問です。

自分の姿を何も使わずに見ること・捉えることはできますか?

 

…私は不可能に近いと思います。

何かに自分を映すからこそ、自分を見ること・捉えることができると考えます。

実生活の中で、最もわかりやすいものは鏡ですね。

私たちは自分の眼だけでは、そのままの自分を見ること・捉えることはできません。

見ること・捉えることができなければ、分析することも、叶いません。

自己分析ではテーマやグループ課題を使うことで、自己を見てもらうのです。

そして、それらをメンバーと共有し、話し合うことで、自分視点だけではなく、他者視点からも自己を見ること・捉えるができるのです。

 

自己分析を通じて、これまでの自己の再確認や、新しい自己との出会い、自己尊重することに繋げてもらえたらとプログラムを実施しながら、いつも思っています。

 

このブログが自分をどれくらい理解しているのか考えて頂くこと、そして新しい自分との出会いへと繋がりますように。

2022年2月10日木曜日

身体の自分と心の自分

先日散歩道で梅の花が咲いているのを目にし、春の訪れをちょっぴり感じることができました。にもかかわらず、寒さ、コロナの波はまだまだ収まらず、意識していないとどうしても運動不足になってしまうこの頃です。若い頃は運動していても運動していなくてもさほど体調に変化は感じなかったのですが、最近は運動しない日が続くと身体が重く、やる気が出なくなるのをとても実感します。それで、慌てて散歩に出かけると、次の日寝覚めがよく、身体が軽くなり、ようやくごそごそと動き始めるのですが。人のやる気や心のあり様というものは、身体のコンディションとも大きく関連するのだなあと最近はつくづく感じせられます。

運動や睡眠しかりですが、最近は、腸内の環境までも心のあり様に大きな影響を与えていると言う話を耳にするようになりました。活発なネズミの糞便と不活発なネズミの糞便を腸内に入れ替えて移植することで、それぞれのネズミの活動性が反転するという報告もあるらしく、性格にも腸内環境が影響するのではないかと言われ始めています。性格や気分は、日々の暮らしの中での出来事、今まで体験してきた人間関係、生活の中で起きてくるストレスや負担、捉え方のくせ・・・といった、心理的要因のみならず、身体ととてもつながっているのに、案外日々の生活を送ることにかまけて身体の声は二の次にされることが多いのではないでしょうか。

リワークの中では認知や自己分析も行いますが、セルフチェックというプログラムを通して自分自身の生活を眺めて、自分の身体と心の変化について考える時間があります。メンバー間で自分の眠りや食事、運動などについて気づいたこと、困っていることについて語り合います。その中で飲酒や間食、スマホやゲームといった嗜好について話題に上がることがあります。生活の中で心を癒すストレスコーピングとして役立つ時もあれば、逆に心を満たすという隠れ蓑をかぶって、体を苦しめているジレンマに出会うこともあります。心も自分、身体も自分・・・。身体の声は耳を傾けにくいので自分ひとりではつい見逃してしまいますが、仲間とともに自分の身体と心のあり様を語り合いながら自分自身をケアできるといいですね。皆さんの腸内環境いかがですか?

2022年1月27日木曜日

今年の抱負は?

  新年がスタートし早1ヵ月が過ぎようとしています。皆さんは今年の抱負について誰かと話す機会を持つことがありましたか?あるいは自分の中で「今年はこうするぞ!」と言ったような具体的な目標があるのでしょうか?私は正直まだ考え中です…。出来れば、何か目標を持ってこの一年を過ごしたいとは考えているのですが、今年の年末にしっかりと評価出来るような状況でありたいと思えば思うほど目標設定が難しくなってしまいます。漠然と立てても恐らく三日坊主になることは性格上明白なので。

  リワークでは「私の目標」という記録表があります。メンバーの皆さんにはその中で目標を立て日々評価して頂いています。具体的には生活面での目標、リワーク内での目標、復職を意識した目標、この3点です。皆さん参加当初は、一般的な当たり障りのない目標を設定される事が多い印象です。それはリワークのイメージが掴みにくいということや、漠然としていて思いつきにくいという事があるのかもしれません。ただ日を追うごとに、自分の課題に合わせた目標に変化していき、自然と個別性が出て来ます。また、その目標を達成できているか11日評価し、更に他の人に報告することで、目標への意識が強くなり達成に繋がっているように思います。そう考えると、達成できる目標を立てるには、まず自分の課題を考えることが必要なのかもしれません。漠然と理想を持っても、それが本当に自分にとって必要な変化だと思えていないと真剣に取り組めないでしょうし、続けられないですものね。目標を決める前に、今の自分に必要な変化は何か、維持したいことは何か、もしくはプラスしたいことは何かを考えてみると、自ずと具体的な目標が出て来るのかもしれません。

 ということで、改めて今年の目標について考えてみようと思います。一年という時間をかけて自分のために努力する、そして年末には頑張ったであろう自分を褒められるようになっていたいものです。

よしっ!頑張ります!! 2月から(笑)